2011年5月7日土曜日

ガラスコーティング ホイール編

お洒落は足元から........
バイクの場合は走行すれば必ずブレーキを使用します
そうすると ブレーキパッドの削りかすがホイールにくっつきます
これはもう どうしようもない事です

泥もはねます 油もつきます

チェーンの人はホイールがとても汚れます

洗車はスキだけど ホイールの洗車は嫌い!!

そんな人も大勢いらっしゃると思います

ガラスコーティングによりホイールの洗車がとても楽しくなります


まず

タイヤが付いた状態でかまいません ホイールを車体からはずします

ディスク板をホイールからはずします

この状態でディスク板は 表 裏 掃除して ガラスコーティングを三層コーティングして
コーティングが終わったら ホイールに組み込みます

通常のホイールコースは 
バイクに車輪が付いた状態で 清掃 磨き ガラスコーティングを行いますが

このように足回りを分解すると 死角が無い状態で ガラスコーティングが施工できますので
仕上がりが全く違います

ブレーキパッドのカスを綺麗に取り除くだけで 綺麗に見えるアルミホイールですが

アルミ特有の白いサビや細かい傷が白くホイールを曇らせております

耐水ペーパーで細かい傷やサビを慣らしていきます
だんだんホイールが透き通るようなメッキ色に近づいていきます

塗装用のコンパウンドでさらに磨きこみます(手です手作業)

鏡面を目指すわけでは有りませんが
やればやるほど綺麗になるので なかなか作業がやめられないのです.........


いよいよ ガラスコーティングです 手袋をするのは

指紋をつけないためと 有害物質を皮膚から摂取しないように.........です
大事です

ここで これはオプションでもなんでもなく
ネジの穴 ネジ全て 筆を使って ガラスコーティングをつけていきます

この部分に関しては 綺麗云々より 厚くべっとり防錆の意味でいきますので
白く曇るくらい つけていきます 工具を使って傷が付かなければ サビから守られるでしょう
これはVEGASだけのマゴコロサービスです 今のところ

プーリーとの間に充分な隙間がありますので プーリーははずさないで施工します

ホイールのセンターを ホイールハブといいます
この部分洗車や磨くのが大変なので汚れているバイクがほとんどです
ここにしっかりガラス皮膜を形成することで 
お水かけて吹くだけピカピカをず~~~~~~と実現させるのです 大マジです


ネジ周りの傷もできるだけ取りましたが
気になる方は 新品状態での施工が必要ですね


コンパウンドで磨いた直後よりピカピカ ギラギラは落ち着きましたが
手触りが違います これはかなり汚れ落ちが期待できる しっかりガラス皮膜が乗った状態


最後に表裏しっかり手で縫ったディスクをセットしておしまい!




参考価格
ホイール2本 仕様済み ビレットタイプ 基本料金 ガラスコーティング¥21000
ホイール脱着 ディスク プーリー脱着¥12600X2


更に鏡面仕上げやPOLISHも別料金ではございますが受付いたします


きれいになるのには手間がかかるのはモチロンなのですが
仕上がりと効果をしっかり長持ちさせるために ホイールの分解施工はかなり違いがでそうです


通常施工でももちろん手を抜かず頑張ります!!


VEGAS本店
TEL 047-360-8190

0 件のコメント:

コメントを投稿