2011年9月27日火曜日

フォークオイル漏れ 

本店シンムラです。

衣替え前の半袖ツナギだと言うのに この寒さ! 

朝晩の通勤でしっかり着込んでいるのは 私だけでしょうか?

風邪などひかぬよう 注意しましょう!


さて、タイトル通り 本店ではここの所 フォークオイル漏れでO/S交換が続いています。


車体画像はないですが、XL1200Cです。

お客様の ”左側のどこからかオイルが漏れる” という原因はコイツでした。

よく見ると シールがひっくり返っているのが判ります。   ダダ漏れになるわけです。

片側だけでしたが、バランスを考えて両方交換します。

インナーチューブに大きな傷も無く、ブッシュ類も大丈夫でした。

こちらは車検でお預かりのFLSTCです。

フォークカバーが付いている車輌は判りづらいですが、アウターチューブの内側に垂れて来ていました。

こちらも両方交換します。

インナーチューブは平気でしたが、ブッシュ類は交換しました。 フォークのガタも無くなると思います。

GL1500も車検整備です。 あまり乗っていないようですし、古い車輌なので 漏れて当然なのかも

知れません。   古い車輌は特に注意です。 

このぐらいの漏れだと気が付かないかもしれません。


車検の際に発見すると、やらなくてもいい というお客様はまずいませんが、漏れててもそのまま

乗っている方もいるのでは?  たまにチェックしてみてください。


おまけ
カスタム隼 タイヤ交換しました。

ハーレーもレーシングスタンド使えると 楽でいいのに・・・

”ゲイルスピード” このサイズでも (非力な私でも) 楽々持ち上げられます。

前後交換終了です。

この手のタイヤは油分が飛ぶまで滑りやすいので注意してくださいね。


VEGAS本店

0 件のコメント:

コメントを投稿