2021年3月29日月曜日

【『暗電流』対策パーツ】

 ベガス本店ショールームです♪


お初パーツの取り付けです☆
いわゆる『バッテリーブレイカースイッチ』です。
『ハートブレイカー』ではないです。

近年、家庭でのバッテリー管理においてはバッテリーテンダーによる補充電が定着しておりますが、車庫に電源コンセントがないなど補充電環境をお持ちでない方も少なくありません。

補充電ができない環境において、バッテリーを長持ちさせるには極力ロスを抑えるほかありません。

その手段のひとつが、バッテリーを外しておくこと。完全に車体から下ろさなくてもマイナス端子を外すだけで同様の意味があります。
※ インジェクション車はご法度です!ECM保護を含むヒューズ脱着工程が伴いますので決してマネしないでください♪さらにそもそもこのパーツを取り付けする意味が全くありませんw


このパーツは、バッテリーのマイナス端子から伸びるアースコードに接続されており、真鍮製のスクリューをねじ込むと先端の接点が導通して、緩めると導通をカットするというシカケ。

手で締めたり緩めたりするだけでマイナス端子を外すのと同じ効果が得られる便利商品なワケです。ハイ。


完全に抜き取ってしまうこともできます☆
その必要はありませんが...。

当店での取り付けはコレが初なので、耐久性やウィークポイントは知りませんが、構造的理屈上でのオススメモデルはチョッパーなどキックオンリー車輌でしょうか。

セルスターター車輌の場合、クランキング時にはバッテリー端子に相当な負荷と抵抗、そして熱が発生するからです。

構造的には、真鍮製の接点にはテンションを与えるための切り欠き加工が施されており、通電における接点の圧着を強化する目的と思われます。

...とは言え手締めトルクですので緩みには十分注意が必要です。締めるときはグローブをして、とても強く締めましょう♪

...というコトで、作りは見る限りシッカリしてますのでセルスターター車にも有効かどうかは年単位で使ってみてです☆

ここで弊社はモニター会員を募集いたしますw



さらにココでクイズです!


『昔から、バッテリーが上がらないようにするためにマイナス端子を外しておくと良いとよく言われますが、なぜ良いのでしょうか?!』

つづく

ベガスホームページへGO!


ベガス本店 

ショールーム&
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

open 10:00 
※当日作業ご予約の開始時刻は10:30~
close 20:00
毎週水曜日定休

〒271-0064 千葉県松戸市上本郷3471

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

1 件のコメント: