2018年2月23日金曜日

【☆オイル交換キャンペーン間もなく締切☆】


好評化実施中のオイル交換キャンペーン!

今月27日まで!

間もなく終わっちまいますよ~。

土&日の週末は明日&明後日でラスト!

法定点検を受けたばかりなら大丈夫だけど、しばらく走行していたり、期間が経っているとなんだか気になるんですよね。愛車の具合。ブレーキパッドなんかも見るのは実はカンタンなんですが、普段、自分ではなかなか見れないものです。また、バッテリーやブレーキローターの状態は専用機材を使用しますので自分では点検できません!

すでにご予約済みのお客様もいらっしゃいますが、駆け込みは当日でもお気軽にお電話ください♪

この機会にぜひ!!

ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

2018年2月22日木曜日

【☆ 音楽談議 ☆】

今日はちょっぴり変わりネタ。

これはバイク乗りに限ったことではありませんが、バイク乗りの中にはかなりの音楽好きがいらっしゃる感が強いですよね?!

当店のお客様にも、単なる音楽好きだけでなくアナログレコードにこだわったり、年代物のアンプやスピーカーを楽しむオーディオマニアなんて方もポツポツいらっしゃいます。

また、お店で何となく世間話をさせていただくいていると実はギターやベースなどの楽器プレイヤーだという方もしばしば。まだそんなお話を伺ったことのない隠れプレイヤーもたくさんおられる気がします☆

という私もそのひとり。


時々、友人とスタジオで遊んだりしてます。
音楽を趣味にしている人たちのよくある話題としては、どんなアーティストやジャンルが好きかだとか、昔何を聴いてたかとか、ギターのメーカーがどうのとか、エフェクターやアンプは何を使っているかだとか・・。バイク乗り同士の会話とよく似てますよね♪

複数の趣味が共通すれば、当然話が弾むというものです。


当店のお客様は幅広い世代の方がいらっしゃいますので、好きな音楽ネタも様々。中には20代でそんなシブいのを聴いてるんだ!なんて感心してしまう方もいらっしゃいます。逆にどんな音楽が好きですか?と聞かれると、ここ最近ではずいぶんゴッタ煮的な聴き方になってきてしまっていることから、『結構何でも聴いちゃいますねぇ』なんて答えちゃうことが多いので、私的に印象的だったモノを回想してみました。


【GUNS N‘ ROSES】
これには相当ハマりました。当時ブーム化していたモンスターロックバンドですね。未だに広い世代の方の聴かれている様子ですが、当時ハマって聴いてた方はきっとライブ映像を見ながらソファーから飛んでたハズです。


【BLANKEY JET CITY】
学生時代のバンド仲間内では絶大な支持があり、アリガチ洋楽カブレだった私が邦楽ロックを聴きだしたきっかけ的バンド。当時メンバーがハーレーやカスタムバイクに跨る単車乗りだというリアリティも憧れの的でした。冒頭画像のK-yairi、和製アコースティックギターは当バンドの浅井健一氏の影響。


【 STREY CATS 】
パンカビリーと称された、今思うとミクスチャーミュージックとも言えそうだけど確実に他とは一線を画したロカビリーバンド。とにかくこれを買って帰った夜はその衝撃のあまりに深夜パンクロックの先輩に迷惑電話をかけた記憶があります。ここからしばらくのサイコビリー嗜好に進んでいったのでした。


【 GRATEFUL DEAD 】
高校生の時にずっと気に入って聴いてた1枚。その後MYブームが起こり結局オフィシャルの全アルバムを揃えるに至ったアメリカンロックバンド。メロディからオケまで聴きやすいのにビートがぶ厚く、ライブ映像を見れば驚くドラムセットは2機のドラマーは2人編成。幅広い曲調も特徴で、もしかしたらその後サンバやボッサを聴きあさったのもこれのせいなのかもしれない。アメリカンカルチャー的な話題性も高く、下のマークを見たことありますでしょ?やっぱりハーレーとの結びつきもアリ。




さてさて、尽きることがないのが趣味の極み!
バイクと音楽とキャンプとあれこれと・・。
ゴッタ煮で楽しみましょう♪

バイク乗りの音楽好き集まれ!


ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

2018年2月20日火曜日

【大or小】

ベガス3号ショールームです♪

『ウィンカーをカスタムする』
これはカスタムバイクを楽しむ上で基本ですね♪


販売中車輌 H-D XL883R 2009年式

極上フルノーマル車ですのでモチロン、ウィンカーもノーマル。
フルノーマルの状態から自身のセンスでオンリー1に育てる楽しみがあります。


2002年式頃よりコチラのブレットウィンカーが標準装備となっております。
従来の通称 “夏みかん” と呼ばれるタイプの大型ウィンカーより変更となりました。
※ 時代は巡るもの。夏みかんウィンカーも今見ると私的にはオツと感じます。



同じく販売中車輌、XL883R 2003年式
当店フルカスタムボバー。


小粒なクリヤレンズウィンカーをハンドル吊り下げではなく、アンダーステムにマウントしております。

ナルホド。
カスタム全般はノーマル状態を脱却することが共通項ですが、ウィンカーをカスタムするセオリーとしては、

・小型にする
・レンズカラーを変える
・車体のバランスに合わせ取付位置の移設(リロケーション)をする

ってところでしょうか。
小型にする ことと リロケーションすることは
目立たなくする目的も兼ねている場合があります。

ならば、ウィンカーはスタイル的には無い方が良いのか?!
YES!とお答えになられるチョッパーファンもいらっしゃると思いますが・・。


ベガス本店にてお預かり中のEVOソフテイル。
おや?ウィンカーが見当たりませんが・・


ややっ!
ウィンカーと思しき灯火が!!


ほとんどミニチュアの世界!
あまりに小さいので特大画像にしてみました。

大きさは大豆くらいの世界最小ウィンカーです!


LEDだから光量もバッチリ。
視認性も問題ありません。
しかも車検対応というから驚き!!

新しものですが、ベガス全店にてカスタム取付可能です。



とPRしておきながら・・

カスタムには逆転の発想なんてのもアリます。


先日、登場したばかりのH-D FXB スタージスのSオーナー。
連日登場のワケは前回のお帰りの際、ひらめき的に追加カスタムをオーダーいただいたので今日はそのお渡し日。マフラーがフィッシュテールになってますでしょ?

『カスタムは楽しければイイ!』と言い放つオーナー。
独自の路線を脇目もふらず駆け抜ける姿には共感を覚えます☆


そんな個性派オーナーのウィンカーは!!

当時純正採用のYANKEE社製ビンテージウィンカーをダウンチューブにマウント!
大粒な純正ウィンカーはめっちゃ目立ちます☆

実は私も同じことをやりました。
間違ってなかったんだ・・!
同級生に出会ったような素敵な気持ちです。
Sオーナーに感謝(;_;)

皆様引き続きカスタムを楽しみましょ♪



ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

2018年2月16日金曜日

【☆ ベガス提携バーガーショップのご案内 ☆】

今日は久々のグルメネタ!


【松戸市 小金原 ハンバーガー “R-S”(アールズ)】
さんにお邪魔してきました♪

ハンバーガー好きじゃなくても、松戸市民じゃなくても知っている人は多いと思います。かなりの有名店です。伺った日の夜もほぼ満席!撮影は特別に閉店後にさせていただいちゃいましたm(_)m

気さくな同店オーナーは当店ベガスのお客様♥

入口に立って、ウワサ通りのシャレオツ感!

ログハウス調のウッディなドアを開け
『こんばんは~♪』


はじめに目に飛び込んでくるのは、US TOYが一面にあしらわれたPOP&シャレオツな店内!

圧倒されるのも束の間、

『なんだか落ち着く~♪』

古着とかUS TOYとかこういうのを通っているのは世代からなのかもしれませんが、女子ウケしているのはお客さんの顔ぶれからも明らか!

そして、お待ち兼ねっ


お目当てのハンバーガーは、USサイズのBIGボリューム!!
和牛パティに、同じく松戸の有名パン店zopf(ツォップ)のバンズという超コダワリレシピ。オーナーが時間をかけじっくり丁寧に焼き上げたバーガーは絶品!

“美味しいものを楽しくいただく”
ツーリングでのお食事もそうですが、非日常的な幸せがここでは実感できます♪
そして、時を忘れさせてくれます・・。
ということで閉店後アポ無しの撮影が可能となったワケですm(_)m

せっかくなので楽しい店内をスナップ!


これも私は見ると落ち着くロゴ!
沖縄ファンには御用達、A&Wのルートビア。

これはお酒じゃないんです。飲むとアメリカングラフィティが見たくなるという魔法がかけてある飲み物だとか☆
ちゃんとソフトドリンクメニューに入ってます。

ルートビアとかチリビーンズとか出してるお店、なかなかないですよね~。




オーナーの人柄とライフワークから、バイクで遊びに来る常連の方も多いのだとか。
オシャレなバイク乗りにとっても絶好の隠れ家になりそうですね♪


R-S(アールズ)
松戸市小金原6-2-6


 また遊びに行きますね!


ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

2018年2月15日木曜日

【登山】

巷ではいよいよ『春一番』が吹いたそうですよね♪
我々の山岳ツーリングもあと少しで解禁です。

日頃よりオートバイはいろいろなアソビと結びつかせて楽しめる、とっても自由度の高い趣味であるとお伝えしております。

お客様たちを見ていても、遊び上手な方は『温泉巡り』『海鮮グルメ収集』『神社・仏跡巡り』や、道具を積んで『キャンプツーリング』をしたり、中にはゴルフ道具をコンビニで先に送って『ゴルフツーリング』を楽しむ方もいるほど。

日頃の運動不足解消も兼ねて『登山』なんていかがでしょうか?
今回は私的にしばしば訪れる筑波山に行ってきました♪

※天候と場所によってはまだこの時期は路面凍結があります。バイクで行く場合は事前に問合せの上、もう少し暖かくなってからがいいかもしれません!


筑波山登山口。
筑波山は昔から「西の富士、東の筑波」と愛称され、
神山として信仰の山として栄えてきたことから登山口には鳥居があります。



その気になって登るのはしばらくぶりです。スニーカーで登る人もいるなんてよく聞きますが、身体が温まってヤル気スイッチが入るまでは結構ハードに感じます。


200Mほど登ると登山道は一面の雪!
予想はしていましたがこれには少し気分が盛り上がります。

が、しかし雪が固く凍りついている岩場は靴のグリップが効かず苦労しました。

この日に見かけた登山客は近年の登山ブームもあってかトレッキングポールや軽アイゼンといった本格的な装備をしている方が多かったです。

私が足場を探して立ち往生しているところですれ違ったベテランっぽい愛好家のムッシュに『アイゼン持ってこなかったの?ないと今時期は大変ですよね!』なんて声をかけてもらいました。ナロホド、勉強、勉強。



比較的勾配が緩やかな斜面は、硬い雪をザクッザクツと踏みしめる感がちょっとクセになりそう。 


登頂した女体山頂からの眺め!!

筑波市街地が一望できました。
左手は霞ヶ浦でしょう。

箱根などのツーリングの時に感じることも同じですが、山の上の醍醐味はその静けさ。都会の喧騒を忘れさせてくれる爽快感☆



女体山より御幸ヶ原から北を望む。

ムムッ!あの山は一体?ただものではない気配を感じさせます。


解説がありました。

日光・那須連山のひとつ『男体山』でした。その二つ隣に見えるのが日光白根山。

シーズン中の山岳ツーリングコースの定番ですね!


帰ってから地図でその距離感を図ってみます。
国道120号はご存知『日本ロマンティック街道』。沼田から丸沼・菅沼を経由し金精峠をワインディングして日光戦場ヶ原に達する定番ルート。もう一体何度走ったことだろうか。
オートバイの嗜みが基本にあると、こんな景色を見る楽しみ方も深まります。

しかし、実際に走って知る距離感から考えると山々のスケールのデカさを実感させられますよね!

皆様がお楽しみの知られざる趣味の深みを教えてくださいね♪


ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


2018年2月12日月曜日

【シーズン中の雰囲気】

ベガス3号ショールームです♪

3連休いかがお過ごしでしたか?
春の到来を静かに感じていましたが、お店はまるでシーズン中のような賑わいに!

暖かな春に向けての準備が本格的にスタートした感がありますね♪



さて、そんな中 カリフォルニアトライク “コブラ” のMオーナーも遊びに来ていただいたのでいきなり激写!!

年末にご成約いただいてからしばしばご夫婦で遊びにきていただいておりますが、奥様とのショットはこれが初。でも奥様がマスク姿で私的にはちょっと残念(笑)

『家族や会社の仲間と楽しむためにこのトライクを買ったんです。』ご主人談。
とっても仲良しの御夫婦で楽しんでいる様子はいつ見てもホントに羨ましくなってしまいます♥

ツーリング企画のプレッシャーも高まってまいりました!
ガンバルゾー。

また遊びに来てくださいね♪



ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

2018年2月10日土曜日

【サンダーMAX 追加情報】

前回久しぶりにサンダーMAXの記事を載せたところご質問レスポンスがありましたので、追加情報を☆




まずは基本情報。
当店トップシェアのインジェクションチューナー『サンダーMAX』は米国ZPPPER’S社がリリースする商品。



米国 “ZPPPER’S”は当店にてチューンナップ体験済みの方ならご存知いただいているREDSHIFTカムシャフトやボアアップキット、D&Dエキゾーストなど、ハーレー用チューンナップパーツ総合ブランド。クォリティとパフォーマンス性の高さに対する評価はトップブランドならでは。





コチラがサンダーMAX米国WEBサイトのTOP。
英語だらけでスルーしちゃいそうな雰囲気がありますが、5箇条の特徴が書いてあります。スロットルレスポンスの向上やワイドバンドセンサーの有効性など前回のブログに記載した内容が主ですが、今日は赤字で記したポイントをクローズアップ♪

それは、
『エンジン放熱効果の向上』
です。
我々が乗るハーレーダビッドソンの空冷エンジンは熱が大敵!
調整不良などで過熱した状態で走ることは、長期的にはエンジン寿命を下げる結果となり得ます。

【メーカー資料であるサーモグラフィティ】
左:ノーマルECM搭載のエンジン
右:サンダーMAX搭載のエンジン

ぱっと見で、右手のサンダーMAX搭載画像の方が比較的低温であるブルーの領域が広いことが解ります。

ハーレーのエンジンはロングストロークであるため特にヘッドが過熱しやすい構造にあります。また、実際に走行をしている場合、並列レイアウトの同エンジンはフロントシリンダーの風防作用によりリアシリンダーがさらに過熱傾向にさらされます。渋滞や長時間のアイドリングはまさに禁物!

さて!
なぜ、サンダーMAXによるインジェクションチューニング済みエンジンの方が熱量が低いかというと、空気と燃料の比率である『空燃比』がキーワードとなります。

一般にノーマルハーレーにセットされている空燃比はエンジン出力を高める理想値から比較すると“薄い”状態であると言われます。簡単に言うと燃料が足りてないという意味なワケです。それをサンダーMAXを用いて適切な空燃比にセッティングすることによって目的とするパワー&トルクUPはモチロン、燃料の気化熱によりエンジンの放熱効果が高まり温度が下がるという構造なのです。

外気温が暖かくなるシーズンINの前に解決しておきたいメニューですね♪

さらに追加情報をお求めでしたら・・
お店で丁寧に説明させていただきます☆



ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp