2019年6月24日月曜日

【『新車ですか?』って言われそうな2004年式ローライダー入荷!】

早速の入荷報告!

梅雨ですから屋外撮影が出来ませんが、室内撮影でも十分にこのローライダーの威力が伝わりますことでしょう!

当店ベガスでハーレーをお買い上げのお客様から『コレって新車ですか?』なんてよく言われるものですが、このローライダーもそんな一台!




NEW!
H-D FXDL 1450cc / ダイナ・ローライダー キャブレター&39mmフォークモデル
シャンパンゴールド/ビビッドブラック
走行9480km
屋内保管車輌
  

『ローライダー』のアイデンティティはやっぱりこの“ヘッドライトバイザー”とスレンダーな“39mmナローフォーク”と言う方へ。この王道ディテールもこの年式頃まで。


眩いばかりに輝くフルクロームエンジンはハイエンドモデルの証。
エンジンフィンの輝度は、中古ハーレーのコンディションの見極めポイントでもあります。ヒトでいうお肌の状態みたいなモノ☆


シンメトリーデザインのプライマリーカバー側も納得のコンディション。


実車年式は、エボリューションより受け継ぐクラシックディテールをさらに豪華に魅せるクロームメーターダッシュ採用年式。
モチロン、スピードメーター&タコメーター2連マウントもローライダーだけのアイデンティティ。


プルバックライザー&ドラッグバーのセットアップもローライダーへの王道アプローチ。


納車前のマフラー追加交換もスムーズとなるS&Sティアドロップ・ハイフローエアクリーナー。吸気効率がUP↑


クラシックなコントラストキャストホイールも採用年式が限定されるポイント。
お足元も中古車コンディションの見極めポイント。
モチロン、アップ画像ありますよ♪後ほど。


エボリューション譲りの重厚なベルトプーリーも魅力。


ライトカスタムにマッチするK&Qタックロールシート。


前後ウィンカーはスクウェアタイプポリッシュターンシグナルをチョイス。






さて、ここからはこのコーナー。
アップ画像でよ~くご覧ください♪

スマートフォンで拡大できるサイズにて撮影してあります☆


最重要ポイントのひとつ、塗装コンディション。
昔のカタログのままの印象☆
カラーは実物の方が鮮やかです。










引き合いの強い美ローライダー。
お気軽にお問い合わせください♪


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322
【毎週水曜日定休】

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
※ Vegas本店に限り、火・木曜日は集中作業日として終日クローズとさせていただきます。(ご来店・お電話・メール・FAXなどの対応は致しかねます。)
【毎週水曜日定休】

2019年6月22日土曜日

【エアバッグベストは毎日試着会へ♪】

当月、ベガス3号ショールームにて期間限定試着体験会を開催しておりました『ヒットエアー バイク用エアバッグ』。

ご好評をいただいた結果多数のご注文をいただきました。

さらにお客様の安全向上のお手伝いとなればということでメーカーの無限電光さんより試着デモ用のベストタイプをご来店のお客様がいつでも体験できるようにと手配いたしました☆


コチラがトップシェア商品のMLV-C。
¥38,000+税

画像はエアバッグ作動前、普段の着用状態。

形状はベストですが、正式にはハーネスタイプといい、オールシーズン普段着用しているウェアに重ね着するだけのお手軽着用。軽量で圧迫感もなく、さらっと羽織る感覚で違和感がありません。ハーレーなどのクルーザーやチョッパーバイクユーザーにとってスタイルを変えずに採用できるのも◎。

 作動すると、ご覧のように各部エアバッグが大きく膨らみ致命傷リスクを軽減。

皆様、世の中いろんなバイク専用ウェアがありますが、『首』を守る機能がついたレース用以外の商品ってありませんよね?!

ベガス3号店の毎日試着会ではなんとこのエアバッグの展開をお試しいただけます☆
※ボンベ在庫数に限りがありますので展開ご希望の方は事前にご連絡ください♪


さて、今日はこのエアバッグウェアに追加取り付けするだけでさらに安全性が高まるオプション品をご紹介☆


ハーネス専用脊椎パッド

安全は値段ではないけど
なんと¥1,333+税


HC胸部パッド

剣道の“胴”の超小型サイズのようなもの
¥3,800+税


セパレート型胸部パッド

左右分かれているのでウェアの着脱時に
装着しっぱなしでOKのお手軽版。
¥3,000+税


それぞれの取り付けは超簡単!



あらかじめウェア本体にはオプション取り付け用のベルクロが配置されています。
もうお持ちの方、ご存知でしたか~?あとはそのベルクロへプロテクターを貼り付けるだけ。


脊椎パッド


一体胸部パッド


セパレート胸部パッド

このオプションプロテクターは、併用することによりエアバッグ作動時により高い衝撃緩和するだけでなく、衝撃初期段階のリスク低減に効果が期待できます。


安全に対する備え。
オートバイというライフスタイルを提供するショップとして必要なご提案であると当店ベガスは考えます。

まずは店頭で気軽に羽織ってみましょう♪

この機会に素敵なオートバイライフに安全を備える必要性を今一度イメージしてみてはいかがでしょうか?



ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322
【毎週水曜日定休】

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
※ Vegas本店に限り、火・木曜日は集中作業日として終日クローズとさせていただきます。(ご来店・お電話・メール・FAXなどの対応は致しかねます。)
【毎週水曜日定休】

2019年6月21日金曜日

【オイル交換☆ご予約お待ちしております♪】

いよいよ夏も本番へ!

先日、気温の高い夏季はエンジンの『熱ダレ』に対する注意をご説明していたところ、『熱くなるとオイルが垂れるんですか?』と素朴なご質問をいただきましたが、あらためて熱ダレ=オーバーヒートのこと。



過度なオーバーヒートのご経験をされたことのある方は少ないかもしれませんが、典型的な症状としては、エンジンが過度に加熱することにより高回転までスムーズに回転しにくくなり、スピードが伸びづらくなったり、エンジンが無理をしているような感覚を覚えたり、アイドリングが安定しなくなったりというエンジン不調が発生します。



【よく知るとコワイ現象】

例えば、空冷のハーレーであれば走行してエンジンに風が当たることで一定内の温度へ冷却されますが、その温度が許容を超えることでエンジン内の金属が熱膨張を起こし不調が発生します。同時にエンジン冷却の一端を担うエンジンオイルも粘度を失い油圧が低下します。過度なオーバーヒート状態のままエンジンを稼働させた場合、エンジンが変形し故障してしまうとのこと。これはコワイですよね。


【オーバーホール中のエンジン内】


【オーバーヒートの原因あれこれ】

1、渋滞
昔はの渋滞でボンネットを開けている車を見かけたことありますよね。特に空冷エンジンはエンジンに絶えず風を当てる必要があります。

2、長時間のアイドリング
渋滞と同様です。夏場の長時間暖気も御法度です。

3、外気温が高い
根本的に外気温が高い場合、走行しても十分な空冷効果が得られず過熱していきます。渋滞の場合も同じですが、出先でできる対策は定期的なエンジン停止です。つまり休憩。

4、空燃比調整が適正でない
インジェクションモデルでマフラーだけ交換するとエンジン寿命が下がるとネットに書かれている理由がコレです。キャブレターも同様、空気と燃料の比率=空燃比が適正でない場合、エンジン温度が上がる原因となります。


【インジェクションチューニング前後のサーモグラフ】


【対策】

インジェクションチューニングや定期的なキャブ調整をする、オイルクーラーを付ける、猛暑の時間帯は気温の低い山岳エリアを走行するツーリングプランを建てるなどいろいろあります。特に最後の山岳エリアを走るプラン建ては有効で、標高1800Mクラスの山岳エリアは真夏でも18度くらいの気温もがざらにあり、宿には冷房機器がありません。


が、もっとも手軽にできる対策が『定期的なオイル交換』。
古いオイルは経年とブローバイオイルの希釈により冷却機能が低下してゆきます。つまり、新鮮なオイルほど高い冷却効果が期待できます。また、夏場は粘度の高いオイルを使うという対策も有効です。


コスパの高さから当店トップシェア商品となっている『ワコーズパック』。
頻繁に交換する場合はやはりコスパも重要☆


1450ccから1584cc、さらにストロークアップにより年々大排気量化が図られるツインカムエンジン。エンジン熱対策は必要不可欠。

【エンジンオイルの主な役割は 1.潤滑  2.冷却  3.洗浄】

ワコーズパックに含まれるエンジンオイル、WAKO'S化学合成油は潤滑&冷却効果が極めて高く夏場のエンジン温度管理に対し高い効果を発揮し、スロットルを回した瞬間の“ツキ”の良さや高回転時の“伸び”を確かに体感することのできる特徴があります。



ハーレー ツインカムモデル~エボリューションモデル&スポーツスターモデルにおすすめの『WAKO'SプロステージS 』エンジンオイル。
WAKO'S独自の異なった2つのテクノロジーを合わせて生成された100%化学合成・フルシンセティックオイル。
交換後に確かな体感を得られることも大きな魅力。


【その体感は旧車オーナーにも】


ショベル以前の旧車も熱対策は万全に行いたい。
また、オイルにじみ対策との両立も必要となる。


 ハーレー ショベル以前モデルにおすすめの
WAKO'Sタフツーリングエンジンオイル。

化学合成油コンプレックスエステルを配合し、熱負荷の高いエンジンを強力な皮膜で保護をする部分合成油である為、各部のクリヤランスの大きい旧車に適したヘビーデューティエンジンオイルといえる。


夏用オイルとして使用するユーザーも増えた
ルーカス化学合成油

化学合成油でありながらS50の固定粘度を持つ高粘度オイル。旧車から最新機種まで幅広いモデルに有効です。


さて、そろそろツーリング。行く前に交換しとこうかな?というお客様、シーズン中はサービス工場が大変込み合いますのでベガス各店、全ての作業にご予約制をとらせていただいております。

お電話にてお気軽にオイル交換のご予約日時をご相談ください♪


ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322
【毎週水曜日定休】

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
※ Vegas本店に限り、火・木曜日は集中作業日として終日クローズとさせていただきます。(ご来店・お電話・メール・FAXなどの対応は致しかねます。)
【毎週水曜日定休】


2019年6月14日金曜日

【ニューオーダー!クラブバイク完成!!】

まさしくニューオーダー!

まだまだ旬。
というよりも、もはやスタンダードなカスタムであるダイナ・クラブバイクが完成☆



唸る!
素晴らしいバランスの良さに仕上がりました☆
さて、ベース車は何でしょう?!

ついこないだまでショールーム並んでいた在庫ハーレーをベースとしてお買い上げ頂きました♪



旧モデルの魅力であるスリムな130タイヤに迫力を持たせるレザープロスサドルバッグが抜群のリアビューを演出☆



海外クラブバイク事情ではカウルは必須アイテムじゃないなんて話も聞いたことがありますが、やはりらしさが◎


冒頭のベース車は何でしょう?のクイズを出しましたが、
マニアには解る?!
このタンクデカールの遊びゴコロ☆


エアクリーナーもベガス本店ペイント工房でバッチリブラックアウトされ、オールステンレスのエキゾーストが絶妙なアクセントとなっております。


ショート管の潔さが漢!


フロントまわりのボリューム感を引き立てるは意外にもリアだった!
レザープロスサドルバッグのとリアフェンダーの厚みのバランスがまたしても絶妙。


あえて高級パーツに任せずにシンプルに仕上げたハンドル周り。


漆黒のブラックがまたしても漢!


走りがテーマのカスタムであるクラブバイク。
もちろん、足回りもチューン済み。


人気とは言え、そこらであまり見かけないとよく言われるクラブバイク。
まだまだこれからー!!

オーダーをお考えの方もご相談ください♪


今週末も3号店ショールームで開催中!!
ヒットエアー試着会☆



ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322
【毎週水曜日定休】

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
※ Vegas本店に限り、火・木曜日は集中作業日として終日クローズとさせていただきます。(ご来店・お電話・メール・FAXなどの対応は致しかねます。)
【毎週水曜日定休】

info@vegas.co.jp

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★