2017年1月9日月曜日

【新ダルマ入荷】

ベガス3号ショールームです♪


今年も昨年に引き続き、FXSTSチョッパーのオーナー、
Mr.K様から新しいダルマをプレゼントいただきました。

Mr.K様は毎年1/9にダルマ市に訪れるそうです。


禁断の隠撮を慣行!
Kサマです。




そうかぁ、今年の干支、酉年にちなんだ酉ダルマですね♪

・・でも昨年いただいたダルマはと言うと、


・・・・。


・・何かのメッセージだったのでしょうか・・。

そういえば当時のM様いわく、

『ベガスに合いそうと思って。』

・・どんなんですか~。

※ちなみにこのスカルダルマ、当店の車輌情報の
画像にこっそり映ってたりすることを
知ってる人いませんよね~??(笑)



後部はこんなんです。

そういえばXLH883ベガスフルカスタムのオーナー
Nサマから、『最近のブログ、文字が少なくない?』
とのご指摘が・・(泣)

画像のボリュームでカバーしちゃいます(笑)



この小物入れもいただきました。

・・やはり今年も何かのメッセージを
感じずにはいられないです。



全部を並べてみました。
結構ホラーですね。


とかなんとかしていると、
年末のパーツキャンペーンで
ボアアップキットなどなどをご注文いただいた
FXDLオーナー様がご来店。

すでに届いた一部の部品の見学会がスタート!





『レボリューションパフォーマンス』の
1700ccボアアップキットです。




レボリューションパフォーマンスは
ご覧のようにスリーブレスシリンダーが特徴。


レース技術よりフォードバックされた
ニッケルシリコンカーバイト処理の
シリンンダー内面。

キレイなホーニング線が見えます。


こちらの商品は、シリンダーのスリーブを排除しているため、最大限のボアアップが可能となっています。ボルトオンシリーズはもちろん、ケースボーリングの必要がなく、シリンダーとピストンを合わせるために内燃機加工を必要としません。リングギャップの調整で組み付け可能です。その秘密はレース技術のニッケルシリコンカーバイト処理により、シリンダー内面を仕上げているためです。シリンダーの耐摩耗性が非常に高く、ロングライフです。シリンダーの仕上げも3種類あり、カスタムルックに貢献します。

補足情報ですが、走行距離が4万キロ程度でも乗り方、オイル交換等のメンテナンス状況により、タペット周りのトラブルも起こりやすくなりますので、カム交換時には要点検で同時交換もポイントの一つかと思います。



N様。がんばって書きました!
いかがでしょうか?



ベガスホームページへGO!



  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp









0 件のコメント:

コメントを投稿