2017年9月2日土曜日

【知られざる本店ペイント工房のお仕事♥】

今日は、久々にベガス本店を覗いてみました♪


いきなり昭和の時代にタイムスクープハンター(NHK)か〜?!

これを見て、ピン!ときたならあなた様はベガスフリーク♪

そうです。当店ベガスとはバイクだけでなく、ご覧のようなクラシックカーのレストア作業のオーダーほかいろいろとお世話になっております、我らが松戸を誇る隠れ名所であります、『松戸・昭和の杜博物館』館長サマからのレストアオーダーが入っておりました!!

☆『松戸・昭和の杜博物館』情報 ☆
かの有名な映画、『オールウェイズ3丁目の夕日』に登場した“オート3輪”もコチラ、昭和の杜博物館より撮影協力の為に貸し出されました。詳しくは・・。

☟【松戸市観光協会】☟
https://www.matsudo-kankou.jp/2013/08/16/%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E6%9D%9C%E5%8D%9A%E7%89%A9%E9%A4%A8/


ここでチョット技術的PRを(笑)
ベガス本店ペイント工房、熟練職人の得意技のひとつである“調色技術”!!

ハーレーに限らず国内外のオートバイや自動車全ての外装に施されている『ペイント』。そのペイントの“色”にはカラーコードと呼ばれるコードナンバーと名称が与えられていることをご存知でしたか??

そのカラーコードによって塗料をオーダーすることによって、メーカーや年式、個々の車輌に対する純正色を施すことができるワケですが、ご覧のようなヴィンテージやクラシックと呼ばれる当時モノの色を、特殊な調合技術により再現させる技こそが調色技術。

今回のオーダー車輌は、年式相応・・(?) と言いますか、とっても濃厚なお味が出ていた車輌でした。(ホットロッドカーマニアなどにはサビサビな状態や当時のままが好きという趣向もありますが・・)

それを、例の調色技術によって、まるで当時の新車カタログの画像かのように生まれ変わらせたワケなのです。ハイ。

同技術によって、ヴィンテージバイクの色を再現したりして当店製作のカスタムバイクたちが塗られていたのですね!ナットク。

ベガス本店のペイント工房では、オールペイントから、腐食が進んだアルミパーツ(ハーレーのフロントフォークなど)、ヘルメットなどの小物ペイントまで幅広いオーダーが可能♪

ご興味があればぜひお問い合わせください♪


ベガスホームページへGO!



ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 

0 件のコメント:

コメントを投稿