2017年9月23日土曜日

【“走り”を極めるということ】

ベガス3号ショールームです。

『ハーレーはゆっくり走るバイク』なんちゃって。
昔から良く耳にしますが、
走りを楽しむ方もシッカリいらっしゃいます!


2003年が終期のXL1200S。
当時のスポーツスター最強スペックとうたわれた名機です。

そのオーナーAサマが遊びに来てくれました♪

普段から、ツーリングの度に数々の武勇伝をお伺いしておりますが、あらためて車輌を拝見・・。



やっぱり見ちゃうのはタイヤ。数々の戦の跡が・・!
こんなトコまで使えるんですね。
一節によると峠でヒザを擦るといウワサのAオーナーのタイヤ。
ちなみにお仲間はレプリカばかりだとか・・。


使用タイヤはハーレートップスペックの
スポーツタイヤであるブリジストンBT39。
オーナー曰く『このタイヤじゃなきゃダメなんだよ』

最近このタイヤのオーダーが増えてきました。

“走り”に対するコダワリはタイヤ以外にも。



レーシングの世界ではタイヤから足回りのセッティングを固めると言われますが、バッチリそのセオリーが固められております。前後サスペンションはサンダンス『トラックテック』。当店でバッチリ組み付けおよび調整をさせていただきました。


そしてコーナリングに有利なバックステップを装備。


Aサマ、安全にはご注意の上スポーツライドをお楽しみくださいね♪

しかし、このXL1200S、
名機とうたわれるだけあって引き合いも絶えません。

現在ベガス3号ショールームにて展示販売中の2002年式。
先日店外で画像を撮りおろしましたので載せちゃいます♪


当時の純正色であったパールホワイトは
ブラックパーツとの絶妙なコントラストを発揮。



室内保管車と思われる当個体は
細部の輝きが15年の年月を感じさせません。


よりレーシーな印象を与えているのが、
ブラックアウトされたキャストホイール。





リアショックにはパフォーマンスの高い
リザーバータンク搭載オーリンズショックを装備。


“コンディションが良い同モデルを
お探しの方向け”のバイクです(^-^)

☟詳しくは在庫情報を☟



ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 

0 件のコメント:

コメントを投稿