2018年2月20日火曜日

【大or小】

ベガス3号ショールームです♪

『ウィンカーをカスタムする』
これはカスタムバイクを楽しむ上で基本ですね♪


販売中車輌 H-D XL883R 2009年式

極上フルノーマル車ですのでモチロン、ウィンカーもノーマル。
フルノーマルの状態から自身のセンスでオンリー1に育てる楽しみがあります。


2002年式頃よりコチラのブレットウィンカーが標準装備となっております。
従来の通称 “夏みかん” と呼ばれるタイプの大型ウィンカーより変更となりました。
※ 時代は巡るもの。夏みかんウィンカーも今見ると私的にはオツと感じます。



同じく販売中車輌、XL883R 2003年式
当店フルカスタムボバー。


小粒なクリヤレンズウィンカーをハンドル吊り下げではなく、アンダーステムにマウントしております。

ナルホド。
カスタム全般はノーマル状態を脱却することが共通項ですが、ウィンカーをカスタムするセオリーとしては、

・小型にする
・レンズカラーを変える
・車体のバランスに合わせ取付位置の移設(リロケーション)をする

ってところでしょうか。
小型にする ことと リロケーションすることは
目立たなくする目的も兼ねている場合があります。

ならば、ウィンカーはスタイル的には無い方が良いのか?!
YES!とお答えになられるチョッパーファンもいらっしゃると思いますが・・。


ベガス本店にてお預かり中のEVOソフテイル。
おや?ウィンカーが見当たりませんが・・


ややっ!
ウィンカーと思しき灯火が!!


ほとんどミニチュアの世界!
あまりに小さいので特大画像にしてみました。

大きさは大豆くらいの世界最小ウィンカーです!


LEDだから光量もバッチリ。
視認性も問題ありません。
しかも車検対応というから驚き!!

新しものですが、ベガス全店にてカスタム取付可能です。



とPRしておきながら・・

カスタムには逆転の発想なんてのもアリます。


先日、登場したばかりのH-D FXB スタージスのSオーナー。
連日登場のワケは前回のお帰りの際、ひらめき的に追加カスタムをオーダーいただいたので今日はそのお渡し日。マフラーがフィッシュテールになってますでしょ?

『カスタムは楽しければイイ!』と言い放つオーナー。
独自の路線を脇目もふらず駆け抜ける姿には共感を覚えます☆


そんな個性派オーナーのウィンカーは!!

当時純正採用のYANKEE社製ビンテージウィンカーをダウンチューブにマウント!
大粒な純正ウィンカーはめっちゃ目立ちます☆

実は私も同じことをやりました。
間違ってなかったんだ・・!
同級生に出会ったような素敵な気持ちです。
Sオーナーに感謝(;_;)

皆様引き続きカスタムを楽しみましょ♪



ベガスホームページへGO!

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
info@vegas.co.jp

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

0 件のコメント:

コメントを投稿