2018年6月8日金曜日

【今再注目の“TC88”ローライダー完成!】

ベガス3号ショールームです♪

☆ 新入荷車情報 ☆

人気の高まる、“アーリーツインカム”ことTC88ローライダーの入荷です♪
しかも、当店ベガスにてショベルFXSローライダー80ciをモチーフににライトカスタムした逸品!


ベガス3号ショールームパーキングでの撮影ですが、鮮やかな新緑が出来立てホヤホヤのバイクを華やかに彩ります♪漆黒のブラックペイントに映る青空がステキな季節だと実感しちゃいますよね。

2001年式 FXDL ダイナ・ローライダー 1450cc 走行9800km
他店専門店でも取り扱いが目立つアーリーツインカム(初期型)。ダイナモデルはソフテイルモデルより1年先駆けて1999年に生産が開始されましたので、当モデルは3年目。個体的にも熟した年式と言えましょう。


何といっても、今アーリーツインカムが重宝される理由としては2つあります。

一つ目はショベルヘッド、エボリューションと受け継がれたこのフォルム。
39φフロントフォークはエボリューションモデルから直接譲り受けたディテール。また、130リアタイヤもショベルのローライダーと相変らないサイジングです。

もう一つはエボリューションモデル以降、生き残る最後の砦としてのキャブレター仕様車である点です。




キャブレターはフューエルタンク下にチラリと見えるラウンド型トップカバーが目印のケイヒンCVキャブレター。エンジン始動性能の高さとプラグカブリなどのトラブルリスクの低さを兼ね備えた『安定』2文字のキャブレター。


排気に合わせコチラも定番&高性能のS&Sティアドロップ型ハイフローエアクリーナーを装着。


やはり、FXSはコレでしょう♪
単なるレプリカではなく高いパフォーマンスも保証済みのサンダンス・ローライダーヘッダース・フルステンレスエキゾースト。いいカンジの焼け色がステキ!と言われるかも。
硬質なステンレスの豊かなエキゾーストノートは決して耳障りではないハーレー本来の存在感を演出します。そして性能の良さを身をもって実感できます。


当年式としては純正採用のスポークホイール。
当時モノのユニクロメッキならではの質感を味わえます。
どうです?キレイでしょう?


そして、ローライダーといえばスピード&タコの2連メーター。
ブラックリンクルのメーターダッシュはショベル、エボリューションと受け継がれここで完結いたします。このあとは間もなくクロームメッキの現行フォルムへと以降します。


ズバリ!エボリューションローライダースタイルを受け継いだ純正ダブルシート。

コンディションも自慢のローライダーです。
気になった方はぜひ週末のベガスへ!

ベガスホームページへGO!

ベガス『メカブログ』へGO!
http://vegasmeca.blogspot.jp/

  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

0 件のコメント:

コメントを投稿