2020年6月22日月曜日

【山のサソイ(第3話)】

今日は本当に標題の続編です☆

まずは近い順に...

【妙義山】




前回までの赤城山、榛名山、草津白根山、に次いで群馬の山第4弾はこの山。

これは、私的な群馬県贔屓が影響しておりますが、理由のひとつが『関越自動車道』の使い勝手の良さ。松戸市民の場合、関越自動車道へは直結の外環道にすぐ乗れちゃいますし、外環道から関越道へのアクセスも、東北道経由、北関東道経由が可能で、長野方面への上信越道、さらには圏央道で中央道や東名道にアクセスできる自由度が魅力。

妙義山へは、藤岡JCTから上信越道へアクセスします。



妙義山は、岩肌剥き出しのゴツゴツ感が魅力。
私的にこれを眺めると、ドラゴンボールと大橋巨泉を思い出します。

頂上近くには公園があり、休憩できる...らしいです。

私的に妙義山もスルーポイントでしたので、通の方、感想を教えてください。

近隣には、釜飯で有名な横川や避暑地の軽井沢がアリ。碓氷バイパスをグルっと回る際にもこの妙義山がバッチリ見えますゾ〜。

...ということは、ここを経由して、

軽井沢 → 白糸ハイランドウェイ → 鬼押しハイウェイ → 万座ハイウェイ 

という前回でも取り上げた草津白根山付近ルートとも接続可。

また、北軽井沢 → 嬬恋パノラマライン → 愛妻の丘 → 草津温泉 → 日本ロマンチック街道 暮坂峠 → 沢渡温泉 → 八ッ場ダム見放題 → 渋川伊香保

なんて周遊ルートもお手のモノ。

また、軽井沢へ直行する場合は上信越道の碓氷軽井沢IC下車の碓氷バイパスのルートですが、せっかくのバイクツーリングですので、碓氷軽井沢ICのひとつ手前、妙義山のある松井田妙義ICで降りて中山道、碓氷峠を超えていくのもオツなものです。

【富士山】


山という意味ではやっぱりハズせません!

ですが、実はわたくし長年スルーしてきました。

その最大の理由が、『首都高嫌い』。

まだ、一昔前までは、首都高環状線も普通に走っていましたが、いつの頃か首都高迷子病なるものが発症し、2年前には意図せず環状線を4周ほど周回したあげくついに諦めて降りたという経験があるくらいです。

...ということで、もしかしたら私のような種の方もいるのではないかと思い、中央道へのアクセスは、外環道 → 関越道 → 圏央道 → 中央道 にしてありますw



富士山ツーリングの醍醐味は、何といっても壮大な眺め!
高速でも、下道でも、富士山が大きく見えた瞬間、テンション急上昇↖️

さらに近づくに連れどんどんと巨大になるその姿に比例して興奮度も大きくなります☆

私的に富士山はツーリングにて横目にするのではなく、出来ればずっと見ていたい山。



そこでピッタリなのが『ツーリングキャンプ』。

富士山のふもとにキャンプを張れば、ただボーッと富士を眺めているだけでもう何もいらないの境地に達することが可能です♪


そして、写真を撮っても絵になります。



また、富士山ツーリングは富士五湖めぐりコースなども魅力的。中央道とも東名・新東名ともアクセス可なので、周遊ツーリング化もできちゃいますね!

肝心の富士山ワインディングルートはどなたか好きな方教えてください。


【ビーナスライン】


今回のいくつものルートは特に日帰り可能な山岳ツーリングとして選んでみましたが、長野県のビーナスラインはその中で一番距離があります。

ビーナスラインは関東近郊のライダーにとって『走ったことがなかったらモグリ』と言われるほどのツーリングの聖地です。



ビーナスラインの総距離はなんと76km!!
初めて走ると、その壮大な高原の風景と、他の山岳ツーリングでは決して味わえない標高2000m以上の道をいつまでも延々と走り続けられる快感へと誘います☆


日帰りツーリングではスルーしちゃいがちな『美ヶ原高原美術館』。

フジテレビが放送終了間際に流すCMで見たことがありますでしょう?

でもここはホントはスルーしちゃダメなとこなんです。

基本的に全て屋外に展示してあるアートを高原の空と空気と一緒に鑑賞するという己の感性を大気に解放するための類まれな施設なのです!

ちなみにじっくり見て回るには軽く2時間ほどは必要ですので草津温泉あたりに泊まるといいかもしれません。

さてさて、全3話にわたってお届けしました山のサソイ。

山岳ツーリングは、走れば走っただけコーナリングやブレーキングのスキルが上げっていくことを感じられるのも楽しみのひとつですよね。

さらに大自然の中にある山岳ルートは気候の急変や、前日の気象による路面の影響など、その経験から安全なツーリングを学んでいけるものでもあります。

注意して楽しみましょう♪

つづく

ベガスホームページへGO!


ベガス本店 

販売車輌ショールーム&
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

open 10:00 
※当日作業ご予約の開始時刻は10:30~
close 20:00
毎週水曜日定休



〒271-0064 千葉県松戸市上本郷3471

0 件のコメント:

コメントを投稿