2020年6月23日火曜日

【トライクカバー】

ベガス本店ショールームです♪


当店、2枚看板のひとつ『GL1800 カリフォルニアトライク』。

まさに機能美と言える安定した巡航に不可欠であるビッグでワイドなスケール感。

『バイクには“車体カバー”なるものが存在するけど、トライクの場合はどうするの?』

時々聞かれる質問です。

たしかに、トライクオーナーの多数は車庫保管かもしれません。

しかし、近年の住宅事情、密閉型の車庫が必ずあるとは限りません。

近所を散歩してみても、一軒家では密閉タイプのガレージよりもサンルーフタイプのガレージのほうが多いです。


ちょうどいいイメージ画像がなかったので、こんなの。

ちなみにこれは、夜通しのツーリング中にここで寝られるかもと思って押さえた画像。
たぶん深夜にここを覗くと私が寝ているかも知れないのでどこかだかはヒミツ。

サンルーフタイプの車庫は日焼け軽減が主な目的で、耐雨風効果はイマひとつ。

さらには、トライクの遊び方もバイクと変わりません。

連泊ツーリングやキャンプに行くことも。

そんな時、自動車とは違って駐車場で野ざらしにしておくのはコンディション面だけでなく防犯上でも不安ですよね...

...そこで!


やっぱりありました!
『トライクカバー XL』

右下のZippoは縮尺例ですがさすがに結構デカいです。


パッケージ裏面にはバイクカバー同様、サイズ選びの目安としての適合車種表が。


しっかり『カリフォルニアトライク』の文字が最初に刻まれておりました☆

※大型リアウィング等のカスタム車は不可
とありますね。


ベガス3号から殿堂入りを果たしたスカイウェーブ600トライク。

バッチリ洗車してキレイになりました☆

大型リアウィング以上のパトライトがついていますが...


被せてみました!

が、驚いたことにベガスのロゴが入っているではありませんか!!

やらせでも何でもなくて、このとき私は素で驚きました。

...というか、販売してもその場で開けたりはしないのでこのことを完全に忘れていましたw

あまりに驚いたせいで肝心なサイズ感が二の次になってしまいましたが、やはりパトライト部はパツパツで、リアホイールが少し出ちゃいます。


急な雨でも頭が塗れない帽子つき!


ベガスホームページへGO!


ベガス本店 

販売車輌ショールーム&
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190

open 10:00 
※当日作業ご予約の開始時刻は10:30~
close 20:00
毎週水曜日定休

〒271-0064 千葉県松戸市上本郷3471

0 件のコメント:

コメントを投稿