2019年7月1日月曜日

【引きが強いんです!】

今日は最近度々登場のバイク用エアバッグのネタ。

最近オシが強いとお感じの方、いいえ、実は引き合いが強いのデス。

昔は半キャップだったけどなんてお客様よりしばしば注文が入っております。

装備にもこだわるオトナのカッコ良さ。なのだと思います。

さて、本題。


先日ご紹介させていただいた、XL1200XのIオーナーよりオーダーいただき、バイクと一緒に出発の時を待つ、ヒットエアー ハーネスタイプ 『MLV-C』。


ちなみに基礎的なお話ですが、万が一の際にエアバッグが作動するその構造は、バイクとエアバッグを着用しているライダー間を繋いだケーブルによってシステムが作動するという仕組み。


図にもある一定距離でエアバッグが作動するためにはバイクの適正な位置へケーブルを取り付ける必要があります。



ハーレーにお乗りの方からどこに取り付けるのが良いかとよくご質問されますので、その一例を。


位置のポイントはとしては、乗車時に装着し忘れにくく、バイクを降りた際や、万が一装着し忘れた場合も車輪などに巻き込みにくい場所。

画像はXL1200Xですが、ドライバーが使用する場合はこのタンクとシートのステーが良さそうです。


本来は画像のチューブをちょうど良い長さにカットして使用しますが、まだ取り付け位置を変更する可能性があるのでカットせずに取り付けています。

正しく作動する環境としては、その長さも大切ですので詳しくはマニュアルを。

取り付け方法のマニュアルはコチラ


マニュアル通り、先端より2cm以上余裕を持たせてワイヤーを結びます。


そして留め具のループセッターをねじ込んで完成!

ここでもう一つオススメなのが、乗車していないときバイクを押し引きしたり、うっかりワイヤー装着し忘れたときに、垂れ下がったワイヤーが車輪やドライブラインに接触して破損したり、マフラーに接触して溶けたりしないためのアイテム。


別売りの収納用バックル。
走行中遊んで塗装面を傷つけたりしない位置に取り付けます。
今回はサドルバッグのストラップを利用。


バイクから降りたらこうやって取り付けておけば、装着のし忘れも防げますよね!

ご参考に。

ベガスホームページへGO!


  

ベガス3号
ショールーム&サービス工場

 TEL047-703-3322
【毎週水曜日定休】

ベガス本店 
サービス工場&カスタムペイント工房

TEL047-360-8190
※ Vegas本店に限り、火・木曜日は集中作業日として終日クローズとさせていただきます。(ご来店・お電話・メール・FAXなどの対応は致しかねます。)
【毎週水曜日定休】



0 件のコメント:

コメントを投稿